« サラリーマンNEO Season3 #7 | トップページ | イーヨ/帰宅部@吉祥寺MANDALA-2 2008.5.19 »

2008年5月20日 (火)

種ともこ/柴草玲@7thFLOOR 2008.5.18

種ともこのピアノ弾き語りのライヴ・シリーズ「雪月花」に柴草玲がゲスト・サポートとして出演。もちろん柴草玲が目的でライヴに足を運んだのだが、種ともこにも興味はあった。

柴草玲819599f9_2

さて、(真面目な)種ともこファンがほとんどと思われる客層に向かって柴草玲はどんなパフォーマンスを披露するのか、普通なら表の「柴草玲」の楽曲メインで穏便に済ますのだろうけど、やはりこの人は一味違う。ここでも所どころで自虐的、露悪的な「マドモアゼル玲」を降臨させていた。その瞬間客席がざっと引くのが分かるのだが、その後(恐る恐るではあるが)また寄せてきて最後は満潮(?)みたいな・・・もちろん肌に合わない人もいるだろうが、その強烈な歌の世界が全員に強い印象を残すという意味で流石のステージだった。彼女の素晴らしいピアノ・プレイも堪能できて個人的には大満足。

種ともこInterview2_pic01_2

種ともこは80年代半ばのデビュー作「いっしょに、ね」や2nd「みんな愛のせいね」が大好きだった。矢野顕子に似たキュートな声質で自作の良く作り込まれたポップスを歌っていて、少し英国風味というかプログレ味があるのも個人的にツボだったのだ。90年代以降は僕は熱心な聴き手ではなくなってしまったが、彼女自身はずっと現役で活動していてちょっと気にはなっていた。ライヴを観たのは実は初めてだったのだが、声は昔とほとんど変わっていない。しかし残念ながらライヴを通して何か新しい世界観が伝わるといったパフォーマンスではなく、このシリーズがまだ2回目という事は久々のライブ活動なのかもしれないけど、良くも悪くも昔の名前で発表会というステージだった(一曲だけ歌った2ndアルバムからの『下駄箱の怪事件』が圧倒的に良すぎて他の曲の印象が霞んでしまった)。

|

« サラリーマンNEO Season3 #7 | トップページ | イーヨ/帰宅部@吉祥寺MANDALA-2 2008.5.19 »

ライヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/41274533

この記事へのトラックバック一覧です: 種ともこ/柴草玲@7thFLOOR 2008.5.18:

« サラリーマンNEO Season3 #7 | トップページ | イーヨ/帰宅部@吉祥寺MANDALA-2 2008.5.19 »