« カーキ・キング@ブルーノート東京 2008.5.10 | トップページ | こんな映画を観てきた 9      羅生門  »

2008年5月13日 (火)

サラリーマンNEO Season3 #6

カレーとチャパティーとチャイ、インドの社食は良いなぁ、素直に食欲を刺激されるよ。社食シリーズは海外編の方が良いと思うな、日本企業はなんかこう自慢っぽい臭いが生々しくて・・・単なる僻み?

たまに変なところがツボにはまって笑いが止まらなくなるのだが、今回は『プライベート・アイズ』の手拍子でキタ。前回のマイケルもそうだったがタイミングが絶妙(微妙にずれている奴がいるのも良い)。

『厚姫』は二人の女優の演技がリアル。いかにもフリーライターらしい生活感を出していた中越典子(ほとんどすっぴん?)も良いが、「厚かましい姫」役の堀内敬子が巧い。これほど極端なわけではないが、誰もが実生活で経験してそうなネタをコントとして完成させるには現実感を感じさせる演技力が必要だ。まさにNEOでしかできない作品だと思う。これもシリーズ化するのかな、それにしても『厚姫』ってタイトルは・・・

|

« カーキ・キング@ブルーノート東京 2008.5.10 | トップページ | こんな映画を観てきた 9      羅生門  »

サラリーマンNEO」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/41203091

この記事へのトラックバック一覧です: サラリーマンNEO Season3 #6:

« カーキ・キング@ブルーノート東京 2008.5.10 | トップページ | こんな映画を観てきた 9      羅生門  »