« 一軒家 山上たつひこ  | トップページ | しまった! »

2008年4月19日 (土)

こんな映画を観てきた 6 用心棒

用心棒(61年)黒澤明20070527_357016_3 4.19 NHK BS2放映

冒頭、タイトルが出て印象的な音楽と共に三十郎が後ろ姿で登場するシーンから既に映画の世界に惹き込まれている自分。何度も観ているし録画もするから最初の方だけと思っていたのに、気がつけば最後までしっかり観てしまっている。しかも、相変わらず面白い!

好きなシーン、セリフが沢山ある。

中でも、三十朗が「腕は今見せる」とデモンストレーションで無宿者三人を切り捨てる場面。「全く可愛らしいツラしてるな、おまえたちは」「斬られりゃ痛いぞ」等のナイスなセリフと無宿者の造形が最高だ(ジェリー藤尾のリアル・チンピラぶりもイイ!)。そして、日本だけでなく世界中の観客がシビれた三十郎(=三船敏郎)のキメのセリフのハードボイルドなカッコよさ!

おやじ、棺桶二つ・・・いや、たぶん三つだ

他にも、「雇った方が用心しなくちゃならない用心棒」、「刺身にしてやる」、「あばよ」・・・忘れ難いセリフがいっぱいだ。またベテランから(当時の)若手まで演技の質が高いのはあたりまえだが、加東大介の怪演ぶりには毎度笑わせてもらえる。ああ、語り出したらキリがない。

公開当時は、(冷戦時代でもあり)変に社会的状況に結びつけて批評する向きもあったようだが、少し遅れてこの作品を知った私たちは純粋に娯楽映画の傑作として楽しむことが出来た。「椿三十郎」もそうだが、これほど楽しく面白さだけを語り合える映画はなかなかないと思う。

しかし、あらためて観ると、解決しているようで解決していない(むしろ悪くなった?)とんでもない終わり方だ。ゴーストタウンになっちゃているし・・

|

« 一軒家 山上たつひこ  | トップページ | しまった! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

黒澤明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/40933607

この記事へのトラックバック一覧です: こんな映画を観てきた 6 用心棒:

« 一軒家 山上たつひこ  | トップページ | しまった! »