« サラリーマンNEO Season3 #2 | トップページ | 30000アクセス突破!         ありがとうございます。 »

2008年4月15日 (火)

マドモアゼル玲とシノブプレ@荻窪 ルースターノースサイド 2008.4.15

マドモアゼル玲とシノブプレ
柴草玲(p.vo.他)、かわいしのぶ(b.vo.他)

圧倒された。

なんかもうね、上品が下品に勝るのか下品が上品に勝るのか、女子高生と大人の女が出たり入ったり、虚と実の入れ子状態、そのアンビバレントな妖しい魅力がステージ上に全開だった。

しかも、そのパフォーマンスは決して熱くならない。クールに抑制されていて、むしろスタイリッシュ。二人の会話(MC?)は時折投げっぱなしでシュールなコントのようだ。そして、音楽的なセンスと技術の高さに裏付けられた一曲一曲のシンプルだが効果的なアンサンブルと(なによりも)言葉がはっきりと伝わる「」。

最初は、どう反応して良いのかと客席に不思議な空気感を醸し出していた「唄」が、次第に観客の心を掴み、次は何が飛び出すのかと期待感まで持たせはじめたところで、出るのだ、あの唄「さげまんのタンゴ」が。

驚愕。

柴草玲がもともと持っていた「」の才能が、かわいしのぶという最強のパートナーと組むことでパワーアップ、さらに加速して走り始めた。しかし、表裏は一体、本来のソロ活動自体もさらに充実したものになりそうな予感がする。

次回は二人にさらにメンバーを合体

5/19(月) 吉祥寺MANDALA-2
出演 ■ トランシェント・イーヨ(イーヨ:vo、今堀恒雄:g、外山明:ds)
    ■ 帰宅部(ヤナピニヨン:vo.g、マドモアゼル玲:vo.p、シノブプレ:vo.b、外山vo.ds)
開場18:30 開演19:30  前売り\2.500- 当日\2.800-(共に1drink別)
■ 前売り店頭発売4/19~
問) マンダラMANDALA-2 tel 0422-42-1579

興味のある人はぜひ観てみよう、聴いてみよう。これは体験して初めてわかる「昇天」です。

以前に書いた柴草玲についての記事http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2008/01/4_0e89.html

|

« サラリーマンNEO Season3 #2 | トップページ | 30000アクセス突破!         ありがとうございます。 »

ライヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/40894307

この記事へのトラックバック一覧です: マドモアゼル玲とシノブプレ@荻窪 ルースターノースサイド 2008.4.15:

« サラリーマンNEO Season3 #2 | トップページ | 30000アクセス突破!         ありがとうございます。 »