« ご挨拶 | トップページ | のだめカンタービレ再び »

2008年1月 1日 (火)

楽しい音楽生活

シャッフル再生の魅力にひかれて購入してしまった携帯オーディオ。

これは良いね。いままで何度も聴いてきた曲がイントロから新鮮に感じる。もちろん音質面での問題はあるが、もともと環境ノイズの多い室外で使用する物だ、ピットレートを高めに設定すれば必要な情報は耳に届くし、ヘッドフォンに拘ればさらに改善するので満足している。

とりあえず身近にあったCDを中心に500曲ほど収録する。気がつくとほとんどザッパばかりになってしまい修正を加えた。まず、ジミ・ヘンドリックスのオリジナル・アルバム全部、さらにマイルス、ツェッペリン、80年代クリムゾン、ジェントル・ジャイアント、P-ファンク、そして隠し味的にロバート・ジョンソン「コンプリート・レコーディングス」全曲。

いやぁ、これらをシャッフルで聴きながら歩き回るとほんと楽しいんだな。最新の万歩計まで買ってしまったではないか。健康にも良いようだし一石二鳥だ。

それで、隠し味として加えたロバート・ジョンソンなのだが、これが非常に良い。正直なところ、若いころは良さがまったくわからなかった。その後も何となく理解している気になっていただけだった。どうしても時代性や歴史的価値などの余計なフィルターがかかってしまい「勉強」として聴いていただけだったとも言える。

ところが、ザッパやジミヘンに挟まれていきなり頭の中に登場する彼のブルースはダイレクトに私に届いた。時代性や歴史的価値など関係なく、今の私に直接伝わる音楽の力を感じた。歩きながら涙が出そうなほど心が共振した。

この歳になって、まだまだ新しい感動に出会える、それは最高の喜びだ。今なら自信を持って言える、「ロバート・ジョンソン、好きだよ」。

ただ自信を持って薦めることはない、やはり万人向けではないだろう。それでもという方には下のアルバムがお勧め。51pxnykrprl__aa240_

なるべく大きな音で聴くのがコツ、ブギやシャッフルのリズムに乗って聴くのも良いアプローチだ。

|

« ご挨拶 | トップページ | のだめカンタービレ再び »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/17546810

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい音楽生活:

« ご挨拶 | トップページ | のだめカンタービレ再び »