« ちりとてちん 第80回 | トップページ | 関根史織@MARQUEE 2 »

2008年1月 8日 (火)

篤姫 第一回

St01_02 若手男優では松山ケンイチと並んで気になる瑛太が出ていることもあって第一回を録画で視聴した。

冒頭いきなりお告げ場面がきて終始引き気味で鑑賞する。

歴史的事実関係もはっきりしている時代だけに、ベテラン俳優に要所を抑えさせているのは正解だと思う。ただ、少女マンガの主人公のような姫の描き方は好みの分かれるところだ。

瑛太は、すまん「のだめ」の直後で峰にしか見えない。ま、じっくり行こう。

この時期の薩摩藩は深刻な問題をいくつか抱えていた。「お由良騒動」をはじめとした過酷な歴史をどう描くか、しばらくは観ていくつもりだ。

それにしても、堺雅人の徳川家定、インパクトありすぎ。

|

« ちりとてちん 第80回 | トップページ | 関根史織@MARQUEE 2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/17617426

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫 第一回:

« ちりとてちん 第80回 | トップページ | 関根史織@MARQUEE 2 »