« ちりとてちん 第8回 | トップページ | 関根史織@MARQUEE 1 »

2007年10月11日 (木)

ちりとてちん 第9,10回

Chi200700703a 連ドラの伝統は守りつつ、ハズすところはハズす。そんな方向性が見えてきました。

やるかやらないか、の決断を迫られた主人公は普通は「頑張ってやります」のはずだけど、このドラマではそうならない。

現実はそうはうまくいかない。才能と努力に見合ったモノしか得ることはできない。地道に努力しても配当には個人差があるということも厳しい事実だ。

その現実にどう折り合いをつけるか。早々にあきらめて凡庸に暮らすか新たな可能性を追求するか。

早くに気がついたB子は幸せかも。

気がついても気がつかないふりをしている人も(オレ?)いるし。

|

« ちりとてちん 第8回 | トップページ | 関根史織@MARQUEE 1 »

ちりとてちん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちりとてちん 第9,10回:

« ちりとてちん 第8回 | トップページ | 関根史織@MARQUEE 1 »