« ちりとてちん 第6回 | トップページ | 風林火山 第40回「三国同盟」  »

2007年10月 8日 (月)

パンズ・ラビリンス

326294_003    何年か前、ホラー映画を何本かレンタルした。一通り観て返品したあと、妙に心にひっかる作品があった。不気味さと悲しさと残酷さ…とてもホラー映画の括りに入らない奇妙な後味。残念ながら監督の名までは調べなかったし、タイトルもうろ覚え。しかし、その後もこの作品のイメージが突然心の深いところから浮上してくることが度々あって、自分の無意識レベルまで届いていたのかと驚いた。

昨日、「パンズ・ラビリンス」を鑑賞している時もこの作品が心に浮かんできた。同じだ、まるで姉妹のような作品だ。スペイン、ファシズム、子ども、閉鎖された環境、無残な死、そして残酷なファンタジー。ひょっとしてこの監督は・・・。

デル・トロの作品は「ミミック」「ブレイド2」「ヘルボーイ」と劇場で鑑賞する程度には好きだった。アクション映画が得意で、ハリウッド映画にしては多少作家性(ピーター・ジャクソンと似た)を持つ監督だな、程度の認識だった。だからヨーロッパやアメリカで質の高い作品に対して贈られる賞を受けている「パンズラビリンス」が彼の作品と知った時はちょっと違和感を感じた。

ギレルモという名がもう少し日本人に覚えやすい名前だったら、デル・トロがありがちな名字でなければ、もっと早く気が付けたのに。

ギレルモ・デル・トロは私の心に深く印象を残した「デビルズ・バックボーン」の監督でもあったのだ。パンフレットでその事実を知った瞬間、すべてが腑に落ちた。

幻想と現実、生と死、破滅と再生、それらが混然となった作品世界は考えてみれば彼の作品に共通した要素だ。

独特の死生観を持つメキシコで生まれ、アメリカ製のコミックや映画で育ち、ゴシックホラーやファンタジー、日本のアニメや漫画も大好きという彼が、その作家性を全開にしてヨーロッパはスペインで作り上げた作品が「デビルズ・バックボーン」と今回の新作「パンズ・ラビリンス」なのだ。

前置が長くなりすぎた、感想は後日。「デビルズ・バックボーン」も何とか再見して紹介したい。

|

« ちりとてちん 第6回 | トップページ | 風林火山 第40回「三国同盟」  »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/16697382

この記事へのトラックバック一覧です: パンズ・ラビリンス:

« ちりとてちん 第6回 | トップページ | 風林火山 第40回「三国同盟」  »